« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

GTA IVのDLC、PS3とPCに登場決定

時間の問題だったかなぁ。

Eflc_luisjohnny

「Grand Theft Auto IV」のダウンロードコンテンツ「The Lost And Damned」と「The Ballad of Gay Tony」が、PS3・PCで3月30日にリリースされるそうです!

価格は360と同じぐらいになるだろうということ。このネタは何度も何度もリークが繰り返されてきましたが、今回こそRockstar Gamesのアナウンス。

情報元:GameHuntersRockstar Games公式

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

iPhone版 GTA:Chinatown Wars プレビュー

真の意味でいつでもどこでもGTAで遊べる時が来ました。

Img_0009

私の早とちりのせいですったもんだもありましたが、1/18に登場したiPhone/iPod Touch向け本格クライムアクション「Grand Theft Auto: Chinatown Wars」、無事購入いたしましたのでファーストインプレッションをお届けします。[更新中]

Iphonech

ファイルサイズは188MB。言語は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語に対応。Nintendo DSが2Gロム(=256MB)使用で「ギリです」とかいう話だったので、それよか減ってます。

Img_0018

起動一発目は「オートセーブだけどおk?」と聞いてきます。

Img_0003

そんでセーブデータは2個(以上?)。このへんの親切さが流石といったところ。
ちなみに、iPhoneを横にする方向は決まってません。どっちもいける。

Img_0004

Img_0005

オープニング。モデリングやグラフィクス周りは何だかんだ言ってPSP版準拠みたいです。ライトや炎のエフェクト周りがDS版っぽいかな。むしろ絵はPSP版に黒帯足せばいいだけですからねぇ。

Img_0012

オープニング。歌入りでPSP版とほぼ同じもの。カッコイイです。

Img_0013

やっとプレイ画面。PSPから縦の解像度が増えた分、各種タッチ操作のスペースが加えられています。

Img_0015

車に乗るとこう。方向キーは降車時と同じアナログパッドに変更も可能。アクセルとブレーキの入れ替えもできます。

Img_0016

また、ポーズボタンで武器を選ぶシステムに。ラジオのセッティングもここ。たぶん、PSP版は方向キーあたりなのだろうと思いますが。

Img_0020

テクスチャ見た感じやっぱりPSP寄りですね。

Img_0023
PDA画面。オッシャレですが、GTAワールドの架空ブランドスキンが3種類あります。Sprunkとか。

Img_0017

GPSの見やすさとポイントの置きやすさは異常。これからドラッグ周りでの活躍が期待できます。

Img_0026

リン姐さん・・・。

とりあえず触ってみたかんじ、この移植を担当したスタジオはほかのiPhoneタイトルを相当研究したのだなということがよくわかりました。細かく設定できる操作周りや、運転のアシスト機能あたりにタッチパネルの弱点を埋めようとする工夫が垣間見られます。
デモをスキップしたいときは画面のどこでもいいから長押しするシステムがちょっと好き。

「Grand Theft Auto: Chinatown Wars」まさにPSPとDSのイイトコ取りという感じで、グラフィクスの強化+タッチパネルの楽しさが組み合わさった最高傑作です。PSPで追加されたキャラやミッションがiPhoneにも入ってくるのかどうか、アップデートでwifi対戦付かないかな~とかこれから先に期待したいこともいろいろ。

とにかくこれだけのクライムゲーム、いやコンシューマで鳴らしたビッグタイトルの系譜がiPhoneに登場するようになるとは・・・これからは、PSPやDSでも展開したマルチなゲームタイトルがiPhoneにも続々集まってくれるかもしれませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

iPhone版GTA:CW、USギフトカードでの購入にはご注意

※再々更新
先ほど+$10チャージし、無事購入できました。
というわけで、
「GTA:CWは$9.99ですが、$10では場合によってTax分が足りなくて買えません。$15かそれ以上のギフトカードを買わなくてはならない場合があります」
ということをご注意くださいませ。また、登録した地域によっても税が引かれる場合とそうでない場合があるようです。
皆様の混乱をお招きしたことをお詫びいたします。

※再更新
どうやら$9.99のアプリを買おうとすると、税的なもの(Tax)が8%ほど発生し、$10.00のカードでは購入できないということが真相みたいです。

※更新
やはり買える、という情報をタレコミで頂きました。調査の後報告します。

厳重注意されたし!

17orderl

先の記事で「Grand Theft Auto: Chinatown Wars」を購入すると宣言し、$10のカードを購入してダウンロードしようとしたのですが、このたび同作品はUS版のiTunes Cardだけでは購入できないことが判明しました。
原因は「17歳以上対象」の確認をしなくてはならないため、クレジットカードの登録が必須であることです。

私たちが「Grand Theft Auto: Chinatown Wars」をiPhoneで遊ぶには、USに口座があるクレジットカードが必要となります。

繰り返しますが、US版のiTMS Cardだけでは、GTAを購入することができません。

購入できるのは上記の条件を満たすクレカを持っているような稀有な人だけです。
当ブログでは、そのようなクレカの入手方法や、その他のダウンロード方法について追って調査するつもりです。

また、この結果は私が自分のアカウント環境で試して起きた現象を説明したものです。もし「私はギフトカードで買えたよ!」という意見がありましたら、ぜひともコメントなど報告をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

おまけ:この結論に至った経緯

$10のUSiTMSカード届いた!これでかつる!

iPhoneからチャージ

いざGTA買おうとすると、年齢認証の後にクレカ登録しなさいとメッセージ

iTMSカード払いするのでクレカはnone選択してdone。

アプリ紹介画面に戻される。アルゥェー?(゚3゚)

PCからiTunes確認。$10.0の表示も確認。

PCから買おうとしても同じ現象。

適当な無料アプリは落とせることを確認。

そのあとログインしなおしたり、再度試してもダメ。

手持ちのVISAをPayPal登録しようとする。

「米国に資金源があるカードじゃないとだめです!!」言われる。

iTunesに戻り、ためしに「Driver」をポチってみる。

あっさりダウンロード開始。やっぱ年齢認証だ!

※ここから更新
さっそく「私は買えたよ」情報をいただく

よく見たら「Driver」って$4.99なのに$5.43ぐらい引かれてるぞ?

無料のエロスアプリ(17+)はダウンロード可能!

GTAも実際は$11ぐらいなんじゃね?

さらに$10購入して追加チャージ、購入&ダウンロードできました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

iPhone版 Chinatown Wars、販売中!

※再々更新
先ほど+$10チャージし、無事購入できました。
というわけで、
「GTA:CWは$9.99ですが、$10ではTax分が足りなくて買えません。$15かそれ以上のギフトカードを買いましょう」
ということをご注意くださいませ。また、登録した地域によっても税が引かれる場合とそうでない場合があるようです。
皆様の混乱をお招きしたことをお詫びいたします。

※再更新
どうやら$9.99のアプリを買おうとすると、、税的なもの(Tax)が8%ほど発生し、$10.00のカードでは購入できないということが真相みたいです。

※1/26更新
こちらの記事にも書きましたが、Chinatown Warsは米国登録のクレジットカードが必要となります。米国版iTunes Cardだけでは購入できません。ご注意ください。

※再更新
やはり買える、という情報をタレコミで頂きました。調査の後報告します。

-------------------------------------

何と1/18からiPhone版Grand Theft Auto: Chinatown Warsが売ってました
なんとも静かにリリースw
当初の予測通り日本では購入できませんが、驚き価格$9.99!!
ちょっとこれは、急いで米国版iTunes Cardを入手せねば!

まずは公式動画をどうぞ。

そして複数の情報サイトから、プレビュー記事とスクリーンショットが上がってきてましたので掲載します。

Gtaiphonexlarge

GameHunters:

480x320の解像度に対応し、照明効果も良くなっています。
特に、タッチスクリーンを利用したPDAへのアクセスや、GPSへの目的地セット、また爆弾にタイマーを仕掛けるといったような操作が指先で快適にプレイできます。
しかしながら、移動やハンドリングなどすばやさを必要とする場面ではちょっと失望するかもしれません。
操作に問題があるものの、10ドルの価値は十分すぎるほどです。このアプリはあなたにとって2010年の最初のマストバイとなるでしょう。

Blogspan

Gadgedwise:

ほかのプラットフォームと同じように、iPhoneバージョンのChinatown Warsも作りこまれた仮想世界を楽しむことができます。今回、ラジオ放送局は5つ用意されていますが、iPod内の音楽を流すことも、もちろん可能です。以下の手順で自分オリジナルのラジオ局を追加することができます。

1.iTunes上で、大文字の「GTA」というタイトルのプレイリストを作成して曲を追加する。
2.iPhoneを同期。
3.ゲーム中でPDAを開いて音楽プレイヤーを起動し、Independenceというラジオ局を選択する。このラジオ局に固定することもできる。

これであなたが棍棒で人々を殴りつけている間も、スムースジャズを聞く事ができます!

--------------------------------

クライムアクションの真打ちがiPhoneに登場で興奮冷めやらぬ思いですが、みなさんがプレイするにはやはりNot Available in Japanの壁が大きいかと。。。
US版iTunesカードは、ネットで$15が大体1700~1800で買えます。これを使うのが一番無難かな。

こんなビッグタイトル、日本のiPhoneだけプレイできないのは非常にもったいない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

2010 あけましておめでとうございます

業務連絡ですが、あけましておめでとうございます。
今年度からイイカンジに忙しくなることが決定しており、さらに忙しくなるよう自らをしばき上げている今日この頃です。

2010年はいろいろとメジャーなタイトルも発売されますが、当ブログはそれにめげずによりディープでマイナーなゲームを紹介していきたいなと。

筆者だってMW2とかやってるんでござるよ?でもそういうメジャーな話は他所にまかせて、クールでシェイプアップされた洋ゲー以外を求めるあなたにホットで誰得なゲーム情報をお届けしたいと考えております。

んでPodcastのほうは新春スペシャルなんぞやらず、通常営業で「EP58 知られざる北米Wiiの世界(持ってないけど)」を準備中でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イラクで拉致されるも、テロリストからプレステを与えられる

妙なことするテロリストもいるものです。

159356moore

2007年5月、イギリス人のピーター・ムーアさん(写真、EAスポーツの社長とは別人)という男性がイラクを訪問中、イスラム教シーア派のテロリストに拉致される事件が発生しました。
拉致の際テロリストたちは4人もいたピーターさんの護衛を殺害し、ピーターさんにもかなりひどい扱いをしたようです。
その監禁生活が2年たったころ、ピーターさんを取り巻く環境が一変します。
テロリストたちが急にピーターさんの居住環境を改善し、衛星テレビの視聴、ノートパソコン(もちろん、ネットにアクセスはできなかったようですが)などを次々に与え、
挙句のはてにプレイステーションまで与えられていたのだそうです。
ムーアさん拉致事件の書類には「プレイステーションでゲームを遊ぶことによって、正気を保った」という記述があるそうです。

テロリストが人質に対して、「プレステで遊んでいいよ」とは・・・。
いくらゲーム遊び放題だとしても、拉致監禁の緊張状態では楽しく遊べないでしょうね。
もし「Fugitive Hunter War on Terror」(参考)がプレイできるなら多少の勇気は出そうですが。

元ネタ:Hotblooded Gaming

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »